« 秋の日の...Amoll 2楽章 | トップページ | エックレスのプロフィール »

2008年10月29日 (水)

エックレスって誰?

最近巷で話題のエックレスですが、どんな音楽家だったのか調べると、英語版wikiしかなかったので冗談半分で自動翻訳してみると、やはり冗談みたいな訳文でした(全く意味不明)。 orz

*** 以下GOOGLEの自動翻訳 ***
ヘンリーエクルズ ( 1670 -1 742)は、英語の 作曲された。
ソロモンエクルズ彼の息子、ジョンエクルズの兄だった 。
彼は国王ルイ14世の法廷でプレーした 。 しかし、イングランドで自分を無視妊娠、彼はパリ、ここで彼はフランス王のバンドのメンバーを認めていたに行った。 1720年に彼は、 2冊の本は、バイオリンのソロで12を発表した 。 これらのソナタの最初の本ジュゼッペバレンティーニ'からの翻案が含まれて Alletamenti ( op. 8 ) 、エクルズ彼の動きを遅くする彼の貢献の下では、自分だけが一遍の速いものを提供している。 ビオラの彼のソナタトが印刷されています シルマー 。

******* 原文 ********
Henry Eccles (1670 - 1742) was an English composer.

He was the son of Solomon Eccles and the brother of John Eccles.

He played in the court of King Louis XIV. However, conceiving himself neglected in England, he went to Paris, where he was admitted a member of the French King's band. In 1720 he published there, in two books, Twelve Solos for the Violin. The first book of these sonatas contains adaptations from Giuseppe Valentini's Alletamenti (op. 8), which Eccles lay under his contribution for his slow movements, supplying only the perfunctory quick ones himself. His sonata for viola is printed by G. Schirmer.


風呂に入ってから、訳文書きますね。。。

« 秋の日の...Amoll 2楽章 | トップページ | エックレスのプロフィール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の日の...Amoll 2楽章 | トップページ | エックレスのプロフィール »