« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

無伴奏パルティータ2番 サラバンド 20080730

無伴奏パルティータ2番 サラバンド 20080730

昨日録音したときはあまりの酷さにのけぞりました。これでも大分ましになりましたが、かなり苦しいです。

プロジェクト ♭(ヘ長調~ヘチマ販売計画)

来年の計画ですが、「大きいことはいいことだ!」と、ヘチマを大量に作ろうと思います。 ゴーヤと比べるとヘチマはやせた土地に強いし、棚は大きければ大きいほど良いです。 4階建ての学校の校舎の南側全面にネットをかぶせてヘチマを作れば、日よけになっていいと思うのですが。。。
 できたヘチマは農協の産直センターに出してアピールします。 儲けようなんて事は全然考えていません。 売れることが分かれば他の農家もヘチマ作りなんて屁のカッバですからつられて出荷してくれれば大成功。 そのうち自分で作らなくても産直センターで安く手に入るという目論見です。 数年掛りのプロジェクトですね。 失敗しても困ることはなにも無いですし。
 ゴーヤが良い例で、数年のうちに多くの農家が出荷するようになりました。 ヘチマとゴーヤは完全無農薬ですよ!

2008年7月29日 (火)

のろまな無伴奏ソナタ1のPrest

バッハ無伴奏ソナタ1番 Prest

練習はしているのですが、悲惨です。


2008年7月27日 (日)

今夏初ヘチマ

中くらいのヘチマが2個なったので、早速食べました。 続々と実をつけているのでこれからが楽しみです。
来年は、大きな棚を作って売れるくらい作ります。

2008年7月26日 (土)

ヘンデル4-1 20080726

随分久しぶりにヘンデルを弾いてみました。 チャーさんのブログで「ヘンデルは天の音楽」とあったので、そうかなと思って弾いてみましたが、録音では天とは似ても似つかぬものです。
奇しくも、母の病気はチャーさんと同じものでした。 天に届くように弾きたいものです。

ヘンデル バイオリンソナタ4-1 20080726


2008年7月25日 (金)

Hyper aged society.

Our country is aging. So do our parents.
Medical advancement helps producing large number of old people who cannot move from bed.
I have no idea about spending millions of yen for unconcious person aged more than 90 years.
The last desire of my mother was not to be a burden to us.

2008年7月24日 (木)

Bach, heavenly music.

If there is heaven, music there must be J.S.Bach's.
Among great composers such as Mozart, Beethoven, Bach is special.His works seems not to be of human, but of devine or of universe. You can hear the note that is not written there, or played seconds before.
They are kind of 3D puzzles which cannot be solved by humanbeing. I play Bach because I believe it can reach the loved one. I should play well, and exercise hard.

2008年7月22日 (火)

A hard day's night.

It's been a hard day's night, and I've been weeding like a hog.
It's been a hard day's night, I should recite a sutra like a frog.

But when I get home to rest, I find the things left to be done
Will make me feel KO'ed.

2008年7月18日 (金)

夏休みの自由研究2008

長男はラジオを作りたいそうなので、いろいろ構成を考えています。 スパイダーコイルとか人目を引くのがいいですね。 あと太陽電池でスピーカーから音が出るようにすればいいでしょう。 出力はLM386でお手軽にやるしかないかな。。。

A cup of green tea ...

A cup of green tea is the best refreshment for you to start your day. Far better than coffee, cool feeling in your throat lasts hours. But be aware, cheap green teas are dreadful. You must pay at least 1,000yen for a 100g bag.

2008年7月17日 (木)

鶏>豚>牛

中華料理での肉のランクなんですが、日本とまったく逆ですね。 どれだけ味の濃いスープが取れるかということが最も重要で、次に脂身の味、どちらもない牛肉が最低ということです。
ラーメンを作るときに何が重要か考えるとすぐにわかります。^^

ちなみに、単に「肉」といえば豚肉を指します。 今では牛肉の位置も上がってるでしょうね。

2008年7月15日 (火)

たかがお茶、されど...

今まで会社で毎朝コーヒーが習慣でしたが、親の注文してあった地元のお茶を飲むようになって、コーヒーより随分と良い感じです。 近所の農家から直接買うので店で同じグレードのお茶がどのくらいになるか分かりませんが、これと比べるといつものお茶は「味付け、色付けされたお湯」であって、全く違うものです。
 お茶の場合はパンと合わないので朝食には向きませんが、ガムを噛んだ後みたいな清涼感があって仕事にもなかなか合います。^^

 

2008年7月13日 (日)

南無妙法蓮華経&BACH

日本人の宗教は元々先祖崇拝であって、先祖を祭るという一点さえ満足できれば基本的にどんな宗教でも構わないところはありますね。 少なくとも、田舎では檀家であり氏子であることが普通ですし、宗旨宗派が結婚の問題になることもあまりないです。

自分は、祖父が熱心な日蓮宗の信者で、幼いころから夏休みにいつもお寺へ行っていたのでお寺にはとても親近感がありますが、祖父が膨大な額の寄進をして家族が経済的に困窮していたので、母はお寺を嫌っていました。 まあ、父が一緒に入れば母も落ち着くのではとは思いますが。。。

毎日、祭壇前でアダージョを弾いてます。 演奏は悲惨ですが曲は世界最高のものと思いますので、何とか届くと良いと願っています。

2008年7月10日 (木)

藤原行成

これから毛筆を使う場面が増えると思いますが、恐らく「ぺんてる筆」で何でも書いてしまうのが今風でしょう。
「かな」は今まで嫌っていたのですが、そうも言っていられないので、また練習しないと。。。
昔、藤原行成のテキストが気に入っていたのですが、かなの真蹟は伝わっていないとのこと。残念。

「ぺんてる筆」は腰が強いので、少々本体が重くてもそれなりに書ける感じです。

2008年7月 9日 (水)

無伴奏アダージョ

バッハの無伴奏バイオリン曲には、どんなに悲しい思いも吸収できる深みがあると思います。 祭壇の前でひたすら弾きます。

2008年7月 5日 (土)

ブログ休止のお知らせ

先日母が亡くなり、喪主をやるなど多忙なため、当分の間ブログを休止いたします。 コメントへの返答も申し訳ありませんがしばらくの間ご容赦ください。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »