« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

王菲(ワン・フェイ) 季候風

ワン・フェイの日本での活動は全く知りませんが、自分が一番好きな曲です。 香港の雰囲気がとてもよく出ている曲だと個人的に思っています。 力まずに伸びのある声がアジアの歌姫の称号にふさわしいと思います。
歌詞(字幕)は広東語ですが、中国語と思って読めばほとんど意味が通じます。


小城故事を見つけた♪

以前ブログに書いた小さな町の物語(小城故事:テレサ・テン)の動画を見つけました。 歌も姿も本当にキュートで、とても嬉しいです。

中国語で歌うテレサはぎこちない日本語と違い、水を得た魚の如く絶品です。(彼女はwikiによると北京語に加えて台湾語、広東語、日本語、英語に堪能で、山東語、マレー語、フランス語などの言葉も話せたそうです)

http://jp.youtube.com/watch?v=Y-bwkrkibxs

若い人も歌ってます。
http://jp.youtube.com/watch?v=tvsnXj2TDpE

2008年5月30日 (金)

燃えよベラチーニ

速く弾くと余裕の無いところからどんどん落ちてしまいます。
ベラチーニ、フィオッコもチャルダッシュのように速く弾かないと味の出ない曲でしょう。 この速度で余裕をもって弾くにはまだかなり時間が掛かりますが、面白いので頑張りたいです。

この速さで弾きたいが、ボロボロのベラチーニ

2008年5月29日 (木)

暗譜の方法

ソロ曲はこれからすべて暗譜を目標にしますが、中でも重音の多い無伴奏は暗譜が難しいです。自分の発案ではないですが、暗譜の仕方について考えてみました。

まず、ある程度通して弾けるようにしたあとで、楽譜に鉛筆で線を引いて適当に分割する。
分割した単位で暗譜していく。後ろから覚えていくのもなかなか良いそうです。

とりあえず、ソナタ1のアダージョを今週中に暗譜したいです。

2008年5月28日 (水)

分秒必争(一刻を争う)

分秒必争は中国語で、一刻は中国では15分です。 今の感覚で言うと、「一刻を争う」の一刻は1分ぐらいでしょうか?
最近、8時頃に帰宅して練習終了時間の9時までに確保できる練習時間は15分ほどですが、この時間をどのように有効に使うかが問題です。

少々乱暴でお勧めはできませんが...
・楽譜は出さずに練習箇所は暗譜(譜面台をセットする時間が無駄)
・チューニングをしない(おかしかったら途中で直す・・・毎日弾いているとあまりずれない)
・運動量確保のため、速い曲を弾く(少々遅く弾きますが、ラルゴの曲なんか時間の無駄)

というわけで、フィオッコやベラチーニの曲が練習に向いているわけです。

2008年5月27日 (火)

練習途中・ベラチーニ

ベラチーニ ギーガ

速い曲を練習したいのですが、フィオッコはぼんたろさんとMachakoさんが丁度やっているので、もっと敷居の低いベラチーニのギーガ(鈴木教本5巻)でしばらくこだわって練習してみようと思います。

フィオッコは本当に難しいので、一応毎日の練習メニューには入れているのですが、ぼんたろさんの発表会のあとにまたじっくりと録音してみます。この曲の関門の一つのプラルトリラーは、指の独立性の問題があって、本来元でつながって同時に動くべき指を別々の方向に激しく動かすので疲労が激しく、無理な練習は腱鞘炎に直行という厄介な個所です。 長時間の練習は無理なので、日数をかけてのんびり練習する予定です。

とりあえずフィオッコは置いて、まずはベラチーニを一度録音して練習箇所の洗い出しです。 弓のコントロールが下手なので、音の抜け、弓のあばれが目立ちます。部分練習をじっくりやる必要ありです。

2008年5月25日 (日)

DVD 楽しいバイオリン入門


短大生になった姪がバイオリンをやりたいと言うので、「一緒に弾こう楽しいバイオリン入門」という2千円のDVDを買ってみました。 冒頭を見ただけですが、値段から言って入門用には悪くないと思います。

親子だと思いますが、娘さんの泣きそうな顔がなんともいえません。^^ でも、ボーイングはとても立派で、自分よりずっと上手ですね!

姪に貸すバイオリンは、中古で買った鈴木のNO.540ですが、杉藤の弓とケース付きで4万円とかなりお買い得だったと思います。3/4ですが、このクラスはさすがによく鳴ります。自分がバイオリンを再開したとき、数ヶ月使用したものです。

2008年5月24日 (土)

ヘチマを植えないと...

今年は、会社の敷地の隅にヘチマをこっそり植えてみようと
思ってます。 周りの草取りをしておけばかえって感謝
されるくらいだと思います。

ヘチマの味噌炒め、楽しみです。^^

2008年5月21日 (水)

引きこもりブロガーのお詫び

父の入院に際しまして、多くのお見舞いの言葉を頂戴し大変ありがたく、皆様に感謝申し上げます。病院より4月末の1週間分の治療費が200万円を超えたにも関わらず、実際の支払は4万円強ということで、医療保険のありがたみを実感していますが、更に加速する高齢化社会で、このようなケースがごく普通に起こるとすると、働き盛りの世代にいったいどれだけの負担が掛かるのか想像を絶するものがあります。

こういった事情もありまして、当面ブログの更新のみに専念しようと思います。 皆様のブログはROM中心になってしまうと思いますが、どうぞお許しください。

レンタルビデオの割引デーだったので、大工さんのブログにもあったフラガールを見ました。泣けますね。 美雨さんの蒼井優の出典がやっとわかりました。^^
タフワフワイをバイオリンで弾いたら面白いでしょうね。

2008年5月16日 (金)

フィオッコで飛ばしの練習

*練習* フィオッコで飛ばし

オケでは譜面の指示が無いのに飛ばしで弾く個所があって驚きました。 飛ばしは結構頻繁に出てくるみたいです。 速い移弦と関係が深いような気もするので、このような速い曲は飛ばしの練習にも良さそうです。
(楽譜がどこかへ行ってしまったので、間違って弾いているかも)

お笑い番組で、「贈るまでもない言葉」というのをやっていて、なかなか面白かったですが、これは聞いてもらうまでもない録音ということで...

2008年5月 7日 (水)

オーケストラ休団

父親の入院及び退院後の世話で当面オーケストラの練習参加が不可能になってしまったので、残念ですが休団することにしました。 12月の定演は運命なので、是非出たいのですが先のことは全く分かりません。

2008年5月 2日 (金)

来年の発表会の曲

発表会の曲の仕上りが遅いと、直前一か月がそればかりになってしまい辛いものがあるので、次回は早めに仕上げて普段の曲(バイエル、プレインベンション等)に影響が出ないようにしたいですが。。。

「私の小さなピアニスト」を見て早速次回の有力候補が出てきました。 トロイメライとベートーベンのピアノ協奏曲「皇帝」の第二楽章です。ベートーベンの緩楽章には実に美しい曲が多いですが、これもその一つですね。ただ、このままではソロ曲として使えないので、ピアノソロ用にアレンジしないといけないです。 

アンサンブル曲は「G線上のアリア」です。

とりあえず自分のブログだけ続けます。なかなか皆さんのブログにはお邪魔できないと思いますがご容赦ください。 m(_ _)m

2008年5月 1日 (木)

「私の小さなピアニスト」

韓国DVDですが、感動しました、泣けました。
レンタルにあったら是非見て下さい。

日本語吹き替え有りです。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »