« ヘンデル ソナタ1番1楽章 20080213 鈴木7巻 | トップページ | 練習20080215 ヘンデル 1番2楽章 鈴木7巻 »

2008年2月14日 (木)

モーツァルト メヌエット 20080214 鈴木7巻

モーツァルト メヌエット 鈴木7巻

倉庫の屋根は鋼板葺きで面積が大きいので、温度差、風等で四六時中パチパチ音がしています。新幹線も絶え間なく行き来してますし、人はいないですが結構うるさいです。

バッハばかりやっていると、音程の甘さに鈍くなってしまうので、モーツァルトは新鮮です。 刃物の上を歩くような繊細さ、危うさがモーツァルトだな~という感じです。(録音にはそのようなものは微塵もありません。悪しからず)

« ヘンデル ソナタ1番1楽章 20080213 鈴木7巻 | トップページ | 練習20080215 ヘンデル 1番2楽章 鈴木7巻 »

コメント

debopさん、こんばんは~
私が弾いたら絶対お笑い劇場になりそうです、この曲。難しそうっ!!
私はモーツァルトはまだいいや~(~_~;)

しかし、外野がなんとも賑やかですね
悪霊が大騒ぎしているみたいでちょっとブキミでした(笑)

↓のバッハの無伴奏は消音器つきですよね?
倉庫DEバッハ、またお願いしますね~~

でも、
>バッハばかりやっていると、音程の甘さに鈍くなってしまう
そうなんですか??
debopさんの音程はいつ聴いても素晴らしいと思いますが!

ゆみさん、こんばんは。^^

モーツァルトは難しいですね。簡単な音符でなんで綺麗な曲になるのか不思議です。

バッハは音符が多いし、土台が物凄くしっかりしているので、音さえ出ていれば少々音程が悪くても、どんな音でも曲らしく聞こえる安定感があります。 そこに甘えて悪い音程を良しとしてしまうから要注意です。

天井のうるさい音ですが、大きい鋼板の屋根なので、熱の伸び縮みがすごくて、日が当たったり翳ったりの変化でとても大きな騒音がでます。新幹線の音も知らないと気味悪いと思います。

録音機の性能が上がってきてますので、はっきり聞こえてしまうのですね。

そうそう、ゆみさんの録音を聞きに行かねば!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘンデル ソナタ1番1楽章 20080213 鈴木7巻 | トップページ | 練習20080215 ヘンデル 1番2楽章 鈴木7巻 »