« なかなか弾けないフィオッコ | トップページ | ラモーのガボット 20080208 鈴木6巻 »

2008年2月 7日 (木)

天気が良いのでヘンデル

ヘンデル ソナタ4番1楽章 鈴木6巻

今日は倉庫の中も日が当たってぽかぽかしてました。
こういう、うらうらとした日にはヘンデルを弾きたくなるのですが、D線のピッチが下がっていたのをそのままに弾いて変な録音になってしまいした。
前回の録音より力が抜けている分ましかなという感じです。
(いつものように新幹線の音入りです)

***********************
リンクにある、とらさんの「屋根裏のバイオリン弾き」の記事で、ビオラ奏者のシャコンヌが紹介されています。
自分は最近寝る前にMIDIでゴールドベルク変奏曲を聴くことが多いのですが、ビオラのシャコンヌも優しくてなかなか良いものです。

« なかなか弾けないフィオッコ | トップページ | ラモーのガボット 20080208 鈴木6巻 »

コメント

うめぇぇぇ~~~!!!
さすが、debopさん★
お見事です。

ちょうどこの曲、今日レッスンで弾いて、先生にボロクソに言われました(笑)(記事参照)

ビブラートもすごくお上手ですね~♪
chickchick見習わなくっちゃchickchickchick

sa-monさん、おはようございます。
このブログも絵文字が使えるんですね。^^

音の出だしがふにゃふにゃで格好悪いのです。ヘンデルはあくまでまっすぐに弾きたいのですが、それが難しいです。

sa-monさんも練習されてるなんて、仲間が増えて嬉しいです。 がんばりましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なかなか弾けないフィオッコ | トップページ | ラモーのガボット 20080208 鈴木6巻 »