« バッハ パルティータ1番 サラバンド | トップページ | バッハ パルティータ2番 サラバンド »

2008年1月11日 (金)

バッハ 無伴奏ソナタ3番のラルゴ

3連休でとりあえず通したい バッハ 無伴奏ソナタ3番のラルゴ (尻切れトンボです)

無伴奏の中で、シャコンヌ以外では一番好きな曲です。鈴木の8巻にもありました。
ゆっくりの曲ですが、指がからまってます。


« バッハ パルティータ1番 サラバンド | トップページ | バッハ パルティータ2番 サラバンド »

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=ET100brwyYA
知り合えて幸せチャー様のプログに貼ってあったのをお断りしてご紹介を!
「ヒュン・ス・シンという、韓国の女性ヴァイオリニスト(というか、まだ学生でコンクール入賞者?)の演奏する、バッハの無伴奏ソナタ第1番・アダージョとフーガの演奏です。 私はこの↑フーガの出だしが大好きです。 たった1本のヴァイオリンでフーガを弾いてしまう、というのが素晴らしい!
でもこれまで聴いたフーガは、出だしは素晴らしいのですが、途中で飽きてしまうということがほとんどでした。
ところが、このヒュン・ス・シンさんの演奏は、最後までまったく飽きることなく聴くことができました。
清新で激しくて切ない・・・!
円熟したフーガよりも、心打たれるものを私は感じました。 (↑この映像では、4分9秒からフーガが始まります)
さあ、今日もがんばって練習しましょう。
私自身の心のドラマを紡ぐために。」
debop様も最近バッハの無伴奏が多く…響くものがあり、こちらこコメントを・

ブログを始めた頃、スピッツのチャーさんが一度いらっしゃったことがありますが、バッハ好きの方でしたから、同じ方でしょうか?

ブログをされているなら、是非一度お邪魔したいものです。^^
しずくさんのページでヒュン・ス・シンさんの演奏を聞きました。惜しむらくは、動画のコマ数が落としてあるのか、弓さばきが早すぎて全然見えないことです。でも、いい演奏ですね。

私もフーガは全然無理ですが、アダージョは挑戦したいです。「耳を澄ませば」で確か弾いていたと思いますけど格好いいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バッハ パルティータ1番 サラバンド | トップページ | バッハ パルティータ2番 サラバンド »