« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

今年の弾き納め(バッハ ルール)

今年の弾き納めのルール

音程が飛んでしまっているところも多いですが、今年の弾き納めになってしまいました。
来年はもう少しまともに弾けるようになりたいです。

皆様、いろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

2007年12月30日 (日)

インラインスケート始めました

(素人が偉そうに書きます)
一輪車、インラインスケート(ローラースケート)、うちの近所では何故か女の子しかやってません。店で売っているインラインスケート靴も女の子向けばかりです。
 スーパーで二男に「これどうだ」とインラインスケートの靴を見せたのがきっかけで、それがどうしても欲しくなってしまったため、クリスマスプレゼントとなってしまいました。

 自分も一緒にやらないと、とても付き合い切れないと思い、クリスマスイブの晩には父親の分もサンタさんにお金を払うということで届けてもらいました。(長男は小学3年ですが、いまだに信じているのか...)

 昨日、今日と履いてみましたが、アイススケートにかなり近い雰囲気はありますね。近場の刈谷運動公園がインラインスケートのメッカで、上手な親子連れが滑っていました。

 自分的に、アイススケートと決定的に違うのは、ストップの方法です。 はっきり言って、インラインスケートはストップ不可能だと思います。アイスではゆっくりした停止はT字ストップ、急停止は二の字ストップを使います。この時氷を削る抵抗で停止することができます。
 しかし、アスファルトは削ることができないので、インラインスケートではストップの代わりにUターンしかできないなと自分では思います。(実際どうなんでしょう)
まあ、Uターンでも困ることはないでしょうが。

 また、転んだ時にアイスならそのままズルズルとゆっくり停止しますが、アスファルトでは転がるしかないです。スピードに乗ったとき、どうやって転ぶかは大問題です。
 これが解決しないうちは、スピードは出せないでしょう。

 しかし、エッジを気にする必要がないことを除いては、クロスやバックなど、アイススケートとかなり感覚が近いので、高額なスケート場の料金を考えると結構お得な気分です。

 冬場のスポーツとして、結構お勧めです。

サインペンで年賀状の宛名書き

(素人が偉そうに書きます)
年賀状の宛名書きは年に一度、大ぴらに字の練習ができる機会ですが、筆記具によってどのように書くのが一番見栄えがするかが思案のしどころです。

今回は、たまたまサインペンしかなかったので、いろいろ考えた結果、篆書っぽく書くのがベストだという結論に達しました。
 楷書、行書、草書、隷書、篆書と字体はいろいろありますが、サインペンの特徴として太さが均一というか、同じ幅でしか書けない、また線が太いということがあげらることから、篆書(てんしょ)の特徴に一致します。

 篆書は現在では印鑑に使われているので目にする機会もありますが、篆書そのものでは非常識(というか私は書けない)なのであくまで篆書っぽくということです。

 篆書のお手本としては、秦の宰相李斯による泰山刻石が有名です。(自分も手本を持っていましたが、20年前のことゆえすでに所在不明です。)

 漢字の原型を残し、極めて芸術性の高い字体でありながら役所の事務には面倒なため、書きやすい隷書->草書->楷書->行書と後世に下るに従い簡略化されるわけです。

ここで、楷書->行書->草書ではなく、草書->楷書->行書の順であるのが少々意外なところですよね。^^

 中国の特筆すべき点として、極めて優秀な臣下=書の名人ということが挙げられます。
李斯、歐陽詢、虞世南、蘇東坡、顔真卿・・・等等
 また、中国最大の皇帝である唐の太宗もかなりの腕前を持っていました。
 歐陽詢の書体は日本の教科書体のもとに、顔真卿の書体は明朝体のもとになってますね。
そういえば顔真卿は中唐の時代の人ですが、なんで明朝体?
まあ、唐代に異端とされた書体が明代に標準となったということでしょうか。(よく知りません)

たしかに古来絶対的な存在であった王羲之の書風から見れば、顔真卿の書風は天地がひっくり返るほどの衝撃があったのではないかと想像してしまいます。

大分話がそれましたが、始皇帝の政治の原動力でもあった李斯が、漢字の歴史でも礎となったことは驚嘆すべきことであると思います。泰山刻石をいくら眺めても尽きない浪漫的なものがありますね。


宴会バイオリン ショパン プレリュード

宴会芸 ショパン プレリュード

年忘れ一発芸です。

いろいろお世話になりました。
皆様、良いお年を!

2007年12月26日 (水)

無伴奏 パルティータ No.2 サラバンド

無伴奏 パルティータ No.2 サラバンド
自己用ということで、ご容赦ください。

手におえるような曲ではないですが、荒れたボウイングと音程をじっくり直しながら弾き込んで、来年はもっと上手なるように1年かけて取り組みたいです。

2007年12月20日 (木)

フィオッコに涙ヾ

フィオッコ 練習 鈴木6巻

とてもお聞かせできるものではないですが、記録としてアップします。m(_ _)m

3日連続でフィオッコのアレグロを練習しました。
結果は...三十六計止めるに若かずです。

 一応インテンポで指が回るかなと思っていたのですが、
寒さの中無理矢理練習したら、練習すればする程弾けなくなって
しまいました。
 これは恐らく、動きの鈍い指のために本来のタイミングが
わからなくなってしまうのだと思います。

寒い時は、速い曲は練習するなということでしょう。
昔の人は暖房も満足にない中、気にせず練習したのでしょうか。
そういえば、学生の時は寒さを気にせず練習していました。

2007年12月16日 (日)

宴会バイオリン シューベルト アベ・マリア

シューベルト アベ・マリア

クリスマス向けです。
最初と最後のアルペジオがD線をまたいで弾くのでなかなかスムーズに弾けません。
これも結構移弦の練習になりました。

楽譜は簡単なのですが、音が動くところの音程が厳しいです。

2007年12月15日 (土)

宴会バイオリン リスト 愛の夢(再)

愛の夢(再)

今日も練習してみました。 宴会なら実用レベルかな?のレベルまできた感じです。ピアノ譜を見ながら適当にアレンジして弾いているので、らしくないかも。
移弦ばかりなので右手が痛くなりますが、なかなか良い練習になります。

2007年12月14日 (金)

金子みすヾの詩をハングルで

Misuzu

わたしと小鳥と鈴と  

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんなうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。

原文は、sa-monpinkさんのブログに取り上げられた詩をコピペさせていただきました。m(_ _)m
ハングル訳はかなり怪しいです。

一発芸 リスト 愛の夢

宴会芸 リスト 愛の夢
*** 全く未完成です ***
ちょっと帰りが遅かったので子供の練習そっちのけでバイオリンを弾いたら、大戦勃発の寸前まで行ってしまいました。 まだ何を弾いてるかわからない状態ですが、これ以上やると大変なことになるのであきらめました。
決まると結構格好よいと思います。

2007年12月13日 (木)

フィギュアとヘンデル

ヘンデル ソナタ3-1 鈴木6巻

ヘンデルのソナタは、昔のフィギュアスケートの規定競技みたいです。旋律のカーブを正確にトレースする感じです。
とにかく音程を正確にひこうと気負いまくって弾いた結果が無残なものになってしまいましたが、練習記録と言うことで残しておきます。

ぼんたろさんの絶!ラ・フォリアをきいて、自分も弾きたくなりました。。。 

2007年12月12日 (水)

音程に気をつけてみたものの...

ヘンデル ソナタ3-3 鈴木6巻

音程の改善を目指して録音してみました。相変わらずですが、動きのあるときのピッチがいつも高めになってしまう様です。(出だしの2音目でいきなりこけてます。)
このあたり修正できれば、もう少し自然な感じになるのではないかと思っています。

練習記録ですので、どうぞスルーしてくださいね。

そういえば、今日風呂にゆずをいれたら、子供がふざけてバラバラにほぐしてくれました。頭が洗えなかった。。。

2007年12月11日 (火)

韓国語 トレーニングブック(初級) 1回目終了

Sikkari_hyosi

すごく大雑把ですが、とりあえず目を通しました。 単語は7割くらいしかクリアしていないので、また目を通す必要がありますが、そそくさと中級を進めたいです。 3ヶ月くらいで中級も目を通せると良いのですが、内容が比較にならないほど濃いです。

2007年12月10日 (月)

無練習バイオリンのためのソナタ エリーゼのために

無練習バイオリンソナタ エリーゼのために

完全な宴会芸です。 一発ネタですから、2度は使えないでしょう。
無練習なので、悲惨です。

笑わないで下さい...というより笑って頂ければ成功でしょうか、この場合?

2007年12月 9日 (日)

ハングル 諺 噂をすると誰が来る?

「噂をすれば影」 と言いますが、中国では曹操、韓国ではトラがやってきます。
山口県では誰が...安部元首相が再起を図ると頑張ってますね。

Caocao


2007年12月 8日 (土)

ハングル 諺 実るほど..

Minoruhodo

どの言葉でも、熟語、ことわざ等のイディオムが大切ですし、気持ちを伝え易いです。 ハングルでは、なかなかそういったものを集めた手頃な本がないので、辞書等から拾って覚えていきたいです。


Horangi_tambe

「昔々おじいさんとおばあさんが...」というのを、韓国では「トラがタバコを吸っていた頃」と言うそうです。

2007年12月 7日 (金)

ビバルディ Gmoll 2楽章 ビブラート練習 鈴木5巻

ビバルディ Gmoll 2楽章 ビブラート練習

すべての音に目一杯ビブラートを掛けるつもりでやってますが、掛かってないところが一杯あります。 16分音符の最初なんか全くダメです。

2007年12月 6日 (木)

こぎつねのカノン

こぎつねのカノン

子供とバイオリンを始めて早1年が経ちましたが、いまだに「こぎつね」というか、まだキラキラ星も終わってません。 2日に1度くらいのペースですが、果たしてAmollまでいけるのでしょうか?

ビブラート練習 ビバルディ Amoll 2楽章

ビブラート練習 ビバルディ Amoll 2楽章 鈴木5巻

今までビブラートは余り気にしていなかったのですが、最近ビブラートの音色への影響の大きさに気づきました。
思ったように掛からないところが多いです。この曲はビブラート練習にぴったりだと思うので、またやってみます。

ビバルディ Gmoll 3楽章 鈴木5巻
昨日よりは暖かく、少しは指が回りました。 でも、ぼろぼろです。


2007年12月 5日 (水)

ビバルディ G-moll 1楽章 鈴木5巻

ビバルディ G-moll 1楽章

時間がないと言いながら、アップだけはしています。完全に自己満足(にもなりませんが)の世界です。

寒くなって指が回りません。簡単なところも音を落としています。ビブラートも極端に深く掛かったりして、寒さの振るえなのかビブラートなのかわからないような状態です。 昔の人は、寒くても平気で弾いたのでしょうか?

そういえば、この楽器は「ぴよよ楽器」で買った3万円のものですが、最近指板の塗料が剥がれてでこぼこしてきました。黒いペンキを塗るか、削って平らにするか悩むところです。

2007年12月 4日 (火)

練習仲間の皆様、すみません

最近、仕事を持ち帰っているのでネットの時間がとれません。
コメント下さった方には申し訳ありませんが、皆様のブログに
コメントすることが難しいです。

できるだけ訪問はさせて頂きたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

2007年12月 2日 (日)

モーツァルト 協奏曲 イ長調 2楽章 譜読み

モーツァルト 協奏曲 イ長調 2楽章 (鈴木9巻) 譜読み カデンツ無し

練習できたり、できなかったりの日々ですが、無性にモーツアルトが弾きたくなりました。(♪そういう事って 確かにあると...古いー...)
譜読み状態の自己満足です。

2007年12月 1日 (土)

燃えよハン検3級

Chu14_5
赤い線は自分が覚えないといけない箇所です。書くのは時間がかかりますが、話すのと違い試験には正確さが第一ですから、どうしても書かないといけないです。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »