« ビバルディ Gmoll 1楽章 | トップページ | ビバルディ Gmoll 2楽章 »

2007年10月 7日 (日)

実家で練習

Akebi
3連休なので子供にせがまれて実家に帰ってきました。
自宅のバイオリンも持っていって、消音器無しで弾き放題なのですが、つけないと耳が痛いので結局消音器付きです。orz

栗は終わって、アケビが一杯なっていました。
農協の産直コーナーで結構売れるそうです。

« ビバルディ Gmoll 1楽章 | トップページ | ビバルディ Gmoll 2楽章 »

コメント

弱音機をいつもつけて練習していると、楽器が響きにくくなるので(たぶん、、)たまには外して練習したほうがいいですよ。それに弱音機で練習してると、ほんとに響いている音に耳を向けられなくなるような気がします。。指の練習のためにはいいけどね〜といいつつ私も住宅事情のため、弱音機よく使って弾いてますけどね。

 

ひっきー先生、ありがとうございます。

>ほんとに響いている音に耳を向けられなく
そうですよね。弱音器付きではきっと良い響かせ方とか考えること無しに練習しているのだと思います。
 幸い、会社の昼練では弱音器無しですので、多少は救われている感じです。

弱音器付きであれアパートでバイオリンが弾けるだけ恵まれていると思ってます。
バイオリンは音が高いので、壁やドアでかなり音を止められますが、ギターのような低音の楽器は音が壁を通りやすいみたいです。

>バイオリンは音が高いので、壁やドアでかなり音を止められますが

そうなのですね!!!

しずくさん、こんばんは。

高い音ほど、遮蔽物によく吸収されます。
バイオリンの音は、襖一枚でもかなり小さくなると思いますが、弱音器無しでは元の音が大きいですから程度問題だと思います。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビバルディ Gmoll 1楽章 | トップページ | ビバルディ Gmoll 2楽章 »