« ピアノの森 | トップページ | ビバルディ amoll 2楽章 (4回目) »

2007年8月21日 (火)

ディッタースドルフ、ベラチーニ

最近、鈴木の5巻で止まってます。
ベラチーニをしばらく毎日のメニューに入れようと
弾いてみましたが、ぼろぼろです。一週間ぐらい練習したら、
また録音してみます。
ベラチーニ 鈴木5巻

ディッタースドルフは性懲りもなくやってます。
楽器を響かせようとそれだけですが、まだまだです。
ディッタースドルフ ドイツ舞曲 鈴木5巻

« ピアノの森 | トップページ | ビバルディ amoll 2楽章 (4回目) »

コメント

ぱちぱちぱち~☆
ぼろぼろなんて、そんなことないです~
短い音にもヴィヴラートをかけてらっしゃるのが凄いなぁ♪と思います。

↓のイラスト?いい感じですね!
字の間にピアノの絵、しかも筆ペンで。
げ~じつ的。とっても素敵ですよ~

はぁ~、すごいです。相変わらずいい音ですね!
ベラチーニっていい曲ですね~。こんな難しい曲をいつか弾けるようになりたいですv

ゆみさん、こんばんは。

練習をすればするほど、課題ばかり増えて
収拾がつかなくなっている感じです。

筆ペンは面白いですよ。下手なんですが、
それなりに見えてくれるので嬉しい限りです。
似顔絵なんか描いたらもっとインパクトありそう
ですね。(岡本太郎風?)

美雨さん、こんばんは。

音の話ですと、美雨さんもとってもきれいな
音ですね。cremonaさんも。

ちょっと癖っぽい音になっているので、
素直な音になるよう、dvdを見て基本を
やろうと思います。

ベラチーニ、良いなぁ~^^
私は16分音符の速いとこで移弦があると、右と左が合わなくなったり、うまく音が鳴らなかったりして、上手に弾けません。

ドイツ舞曲やカントリーダンスはピアノが弾きやすそうだし、お子さんとVn.+Pfの合奏ができそうですね!

ぼんたろさん、こんにちは。

弓の動きが速くなると、弓と腕全体の重心や
支点が問題になるので、弦に限っては
速い動きは別に練習しないといけないですね。

管やピアノはゆっくり弾ければ速く弾くのは
割と楽だと思うのですが。

子供も、あと1年ぐらいまじめにやれば
簡単な伴奏ができるでしょうか?
むりかな^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアノの森 | トップページ | ビバルディ amoll 2楽章 (4回目) »