« フィオッコのアレグロ 鈴木6巻(2回目) | トップページ | 夏休みの工作2(マンモス) »

2007年8月31日 (金)

アニー・ローリー 鈴木6巻

アニー・ローリー 鈴木6巻

6巻の最初にこの曲があったことに気が付きました。
発音に癖があるので、このような曲で直したいです。

ポジションが飛ぶので結構難しく、もうすこし弾きこまないと...
かなり苦しいです。

« フィオッコのアレグロ 鈴木6巻(2回目) | トップページ | 夏休みの工作2(マンモス) »

コメント

おはようございます。
私も知りませんでしたアニーローリー。
おや、こんなところに・・・って感じで。
これはポジ移動とビブラートのいい練習になりますね。

立体マンモス仕上がりましたか?
私の小学生のころは同和問題とか平和問題は「道徳の時間」というのがあってたくさん授業がありました。
娘の小学校のころは人権問題は基本的人権の確保のほうへ傾いていて、自分達の人権の主張のように感じました。あとは環境問題のポスターですかね。そういえば、私も宿題手伝いました(苦笑)
(話があちこち飛んですみません)

「指を離してもフラジオ」できたら音源あげたいですが、できないんです私~~~(苦笑)
先生が私ができないでいると、
「できないバイオリンがもあるのかなぁ?」とかいって先生と私のバイオリンを取り替えて弾いてみたのですが、結果は同じ。
となると、弓の違い?
な、わけないですよね(^ ^;
精進しましょ~~~♪

これ、ポジ移動が難しいですね。大きく外してしまいます。debopさんはヴィヴラートが幅も速さも、とてもキレイですね。私は最近、ちりめん気味なのでお手本に^^

Machakoさん、こんにちは。

フラジオの指離しは、できたりできなかったりです。音源は、指をいつ離したか録音では分からないでしょうから、あまり意味がないかもしれません。^^
さしあたって、今できなくても大丈夫でしょうから(本当?)まあ、将来の課題ということで...

ぼんたろさん、こんにちは。

ビブラートの掛け過ぎは怪我のもとかもしれません。旋律の輪郭がぼやけそうです。
深さとスピードがコントロールできると良いのですが、とてもとても...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フィオッコのアレグロ 鈴木6巻(2回目) | トップページ | 夏休みの工作2(マンモス) »