« きらきら星 | トップページ | 水道の水を飲もう?(米国) »

2007年8月 3日 (金)

米国の陪審員事情

昨日(8/2)のJapanTimesに、アメリカの陪審制度の
現状が出てました。
以下概要。

「裁判所は、やる気のある陪審員の確保に四苦八苦」
ノースカロライナ州のマデリンさん(64)は、
スーパーへちょっとチーズを買いに出かけたところ、
駐車場で保安官から陪審員の召喚状を手渡されました。
1時間程の内に裁判所へ出向き、陪審に参加せよ
との内容です。
 これは稀なケースにしても、最近の裁判所は陪審員
確保の為に策を練っているようです。
 裁判所事務員のアンさん曰く、「こういうことを
すると文句が多くて大変だから、2度と御免です。」

 米国で召喚状によって陪審に出る人は46%だそうです。
健康、経済状況、職種、転居による郵便の不達等、様々な
理由により陪審を拒否する人がいます。
 ワシントン州では、陪審拒否者はその理由を述べるか、
7日間の拘禁、または300ドルの罰金です。

--------------------------
日本では、何の議論も無いまま導入されてしまった感が
ありますね。罰金50万ってちょっとひどすぎ。

« きらきら星 | トップページ | 水道の水を飲もう?(米国) »

コメント

300ドルは良心的だわ(笑)
ん?理由を言えばただ?・・・(~_~;)
50万は酷すぎると思います!
この制度には本当に疑問・・・
人を裁くことが、逆に薄っぺらなことに思えてきちゃうんですよ、私・・・(アルバイト感覚で、暇だから適当にやって、日当もらおう、みたいな?安いけど・・(-_-;))

ところで、英字新聞を読むご主人、素敵~♪
(うちの夫は私より英語が読めましぇん(^_^;))

そうなんです、議論できるほどの知識も無いし、
自分の正義なんてどの程度のものか自信も無い。
日本人に向いている制度なのかしら?

ベタ…って事件を起こしうるのですね?
息子様、立ち直れました?埋めました??

ゆみさん、sizukuさん、こんにちは。

裁判員制度は、導入の段になって大問題
になると思います。教育改革や地上波デジタル
等、現場無視の行政は改めて欲しいです。

べた君ですが、最初はメダカやドジョウと仲良く
(というか無視?)していたのですが、ある時
肉の味を覚えてから、メダカを平らげ、ドジョウを
追い掛け回すようになってしまいました。
熱帯魚なので冬は暖房が必要とか、500円で
買った割に大変でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« きらきら星 | トップページ | 水道の水を飲もう?(米国) »