« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

きらきら星

きらきら星

長男が一目ぼれしてスーパーで買って以来
2年間*私が*世話をしたベタが、昨日昇天
しました。

「ベタ君は星になったから、きらきら星を弾いて
あげようね」ということで、弾いてみました。

2007年7月30日 (月)

ビバルディ amoll 1楽章(後で差替)

ビバルディ amoll 1楽章 鈴木4巻(再)

譜面を見ていたら、学生時代の時のレッスンの
先生の書き込みで、「全弓」というのが結構あります。
でも、8分音符で全弓って結構きついかもと思いつつ
弾いてみました。
やはり、弓をたくさん使った方が音がいいような気がします。

あまりに弾き直しばかりなので、すぐに差替えます。
----------------------------------------

ビバルディ amoll 1楽章 鈴木4巻(再2)

今日(7月31日)の録音ですが、差替えになってないですね。


2007年7月29日 (日)

ヘンデル ソナタ1番1楽章(再)

ヘンデル ソナタ1番1楽章 鈴木7巻(再)

しばらくバッハ漬けでしたので、気分転換にヘンデル
を弾いてみましたが、とても新鮮に感じます。

仕事が少々忙しくなって、練習時間は取れて
いるものの、ネットの時間がありませんでした。
録音もその日のうちにアップできないと、翌日には
とてもアップする気になれないというか、聞く気に
なれません。

そんなわけで、しばらくご無沙汰してしまいました。

2007年7月25日 (水)

ビバルディ Gmoll 3楽章(再)

ビバルディ Gmoll 3楽章(再) 鈴木5巻

この曲は、練習個所があまりに多くてなかなか
通すことができません。
かなり悲惨です。

別ブログでアメリカのレッスン事情について記事を
集めていますが、斜め読みが精一杯で要約する
時間がないのが残念です。


2007年7月23日 (月)

少々軌道修正を

練習はいつもと同じ位やっているのですが、あちこち
ネットを出歩きすぎて録音できてません。

英検のために、新聞やネットでスピーチのネタ探しを
始めました。
アメリカでのレイトスターター事情なんかもまとめて
行きたいと思います。

始めたばかりで**何もありません**が、中身が増えたら
覗いていただけると嬉しいです。

(右側の「ドッペル英語帳」です)

2007年7月21日 (土)

バッハ 協奏曲1番1楽章(再)

バッハ 協奏曲1番1楽章(再) 鈴木7巻

すごく下手で嫌になります。
ものすごく音符の数が多い曲ですが、
とにかく1音1音をきれいに正確に弾けるように
がんばるだけです。

深山DVDの1時間ロングトーンかな、やっぱり。

2007年7月20日 (金)

バッハ無伴奏ルール(再4)

バッハ無伴奏ルール(再4)

しつこくやってるルールです。
なんとか通す見込みが出てきましたが、
曲らしくするのはこれからで、遥か彼方です。
とらさんちの猫ちゃんの爪の垢でも飲んだら
上手くなるかな。

でも、何度弾いても楽しいです。

...これをPCで掛けながら夕飯作ってますが、
嫁さんの気持ちが良く分かります。
首締められそうですな。

弾くは楽し、聞くは...

2007年7月19日 (木)

深山先生のDVD

Miyama_dvd
結構評判になっているDVDです。
私は、店頭でパンフレットを一目見て
速攻で注文しました。

レッスンに行っていないので、これを
繰り返しみて基本をチェックするつもりです。

今日はセミの幼虫を8匹捕まえました。
日ごとに数が増えています。
子供たちは、宿題が夜10時までかかり、
楽器の練習は無理でした。

2007年7月18日 (水)

ビバルディ Gmoll 1楽章(再)

ビバルディ Gmoll 1楽章(再) 鈴木5巻

今日、ぼんたろさんとこで知った事実。
>debopさんの言うとおり、ぼんたろは家族と暮らして
>おります。ぼんたろは結婚しておりますので^^

え゛ー学生さんなのに?

すごいですね。自分たちの頃は、カップルは普通に
いましたが、なかなか結婚までは。

さて、今日のビバルディですが、とても下手です。
でも、数日間やった結果なので、次の曲に移るために
区切りをつけます。 ガクッ

このところ毎日セミの幼虫取りです。
今日は一気に7匹の大漁でした。

2007年7月17日 (火)

ビバルディ Amoll 2楽章(再)

ビバルディ Amoll 2楽章(再)

やればやる程あらが出てきます。深山先生のDVDにあった
1時間ロングトーンをやれば、もっと落ち着くと思います。
極小の音なら深夜でもできるか試して見たいです。

2007年7月16日 (月)

オクラの糠漬け

Tukemono

 今日もいつもと同じような練習をやりましたが、録音は
しませんでした。

 しずくさんは、オクラをまずゆがくそうです。私は生食と
半々位です。生のまま小さく切って鰹節と醤油で食べますが
山芋も同じ食べ方です。
 オクラの糠漬けは実家でよくやってました。それで自分も
試したのですが、うぶ毛が気になって失敗でした。
今日はしっかり塩もみしたかいあって、OKです。今、夜の10時半
ですが、オクラときゅうりの選手交代です。どちらも朝の分です。

左のタッパは糠床。

2007年7月15日 (日)

ふじの山(カノン)

ふじの山(カノン)

次男がやりたいというので、やってみました。
カノンですと、各々弾けているかはっきり分かって
よいです。

今夜は糠漬けに五月豆を入れてみました。
どういう結果になるでしょうか。

オクラをよく入れるのですが、硬いうぶ毛が気になってました。
塩もみすれば取れるそうなので、またやってみます。


バッハ無伴奏ルール

バッハ無伴奏ルール

この曲、何故か好きなので良く弾きます。
もう少しで通して弾けるようになりそうです。
だんだん大工協奏曲さんの苦労がわかってきましたよ。

曲の後半、長男が部屋へずかずかと入ってきて布団を
敷きはじめました。もう寝るから早く出て行けということ
ですね。当然弾くどころではなくなりました。

2007年7月14日 (土)

ふじの山(再)

ふじの山(再)

曲は覚えてくれたみたいですが...
あまり音楽でプレッシャーを掛けずに、漢字や英語を教えた方が
よいかも。

寝る前にきゅうりの糠漬けを仕込まないといけません。
台風で風雨が随分強くなってきました。

2007年7月13日 (金)

ビバルディ Gmoll 2楽章(鈴木5巻)

ビバルディ Gmoll 2楽章(鈴木5巻)

しばらく5巻をじっくりやろうと思います。

バッハのガボット(鈴木5巻)

バッハのガボット(鈴木5巻)

今日の練習ですが、おにぎりさんの掲示板UP用です。

2007年7月12日 (木)

録音データの保存について

マキさんの「中高年から始めるバイオリン」での話題です。
kurinさんへ、少々本題より外れた内容ですので、ここに書きます。

ふじの山

下線付きの「ふじの山」の所にカーソルを持っていくと、ブラウザの下に
「http://doppel.cocolog-nifty.com/doppel/files/fujinoyama.mp3」
というリンク先が表示されると思います。
この場合は末尾がmp3になっていますので、右クリックして
「対象をファイルに保存」を選択できると思います。
(環境によって違いがあるかもしれません)

ページを開くと勝手に音楽が鳴り出す場合は、別のソフトを
使う必要があります。

<録音について>
録音方法は、ICレコーダを使うのが一番楽です。
私はSony ICD-SX77という2万5千円位の物です。
安いものもありますが、音質からみてこのクラス
が必要だと思います。

PCで録音する方法もありますが、MP3への変換等
いろいろ面倒かと思います。

2007年7月11日 (水)

ふじの山

ふじの山

「♪あ~たまを雲の上に出し」 この曲を知らないのは日本人として
問題ありと思います。
まずは曲を覚えてくれ~! まだ覚えきっていません。

クマゼミが随分季節的に早いのに鳴いています。
長男はそのことで頭がいっぱいです。
今日は公園でアブラゼミの幼虫を2匹捕まえました。

2007年7月10日 (火)

かえるのカノン

かえるのカノン

つまらない曲ですが、3日くらい練習しました。

2007年7月 9日 (月)

ピアノ協奏曲 バイエル60番

ピアノ協奏曲 バイエル60番

 ピアノの練習を子供任せにしていたら(実はその間に自分の
バイオリンの練習をしてます)ピアノが停滞してしまったので、
両方一緒にできる様にバイエルに伴奏をつけました。
長男がピアノ、次男と私がVnでユニゾンです。

 両方を見るのは時間的につらいです。

2007年7月 8日 (日)

スワニー川(三重奏・再)

スワニー川(三重奏・再)

しばらくこれをやってますが、バイオリンに熱が入って
ピアノの方がおろそかになっているので、うまく両方
できるような方法を考えています。

2007年7月 7日 (土)

スワニー川(三重奏)

スワニー川(三重奏)

子供たちも自分たちのお古の携帯で録音して楽しんで
いました。上手下手はともかく、継続あるのみです。

2007年7月 6日 (金)

ディッタースドルフ、ベラチーニ

ディッタースドルフ ドイツ舞曲(鈴木5巻)
しつこくやってます。
音程がどうにもしっくりきません。

ベラチーニ (鈴木5巻)
ぼろぼろです。5巻でこの曲だけ残ってました。

スワニー川(再)

スワニー川(通し2回目)

メロディーが弾けていなかったのでやり直しです。
だいぶはっきりしてきたと思います。
次回は3重奏にしたいです。

2007年7月 5日 (木)

スワニー川(通し)

スワニー川(通し)
次男から2ndをやらせて欲しいと言われました。
難しいそうです。
ハーモニーを合せるのも練習のうちですから、
明日2ndを追加します。

スワニー川では、今チョウザメのジャンプのシーズンだそうで、
ボートに乗る人にとっての脅威だそうです。(去年は9名が負傷)
でかい魚ですから、悪気はなくてもぶつかると大変みたいですね。


(写真が載ってます、英語ですが)


カントリーダンス (鈴木5巻)
一応毎日の練習メニューの曲ですが、変わり映えしません。

孔子廟堂碑

Fu
「あ、不二家の不だ!」と次男が言うので書かせてみました。
私も習字はレイトスターターですので、いまいちですが。

「ペンテル筆」で書いてます。

 お手本に何を選ぶかが問題ですが、
日本の書家ですと青山杉雨等ですね。
 でも、なぜその様な書体になったかを
知る為にも源流から見せた方が良いと
思います。

 楷書の入門の古筆では「九成宮醴泉銘」
が筆頭に来ますが、素晴らしいのは当然と
してもあまりにヴィルトゥオーソ的だと思います。
 個人的に落ち着いて内面的な美しさの
ある「孔子廟堂(びょうどう)碑」が好きなので
これをもとに手本を書いて行きます。自分の
練習にもなりますし。

 本物の筆を使う時間はとても無いので、
「ぺんてる筆」を使います。筆とは随分違う
点がありますが、実用的でありますし、
手軽さ、性能において最高の筆ペンですので、
これに慣れておくのはメリットがあります。

2007年7月 4日 (水)

スワニー川前半

スワニー川前半

知らない曲は嫌がりますが、長男はなんとか弾けた
みたいです。

習字を始める

Shuji


 昨日、小2の次男が「習字を教えて」と言ってきました。小3の兄が学校でやっているのを見て自分もやりたく
なったのでしょう。
 保育園の時に一度やらせて見たのですが、早すぎたみたいです。

 いい機会なので、少しでも教えていきたいです。手本としては、漢数字が適当です。帰りに虞世南の「孔子廟堂碑」を買って、手本を作るつもりです。

2007年7月 3日 (火)

ちょうちょ(三重奏)

ちょうちょ(三重奏)

昨夜、練習をさぼったため思い切り叱ったので、今日はやる気
ないかと思いましたが、意外にやる気だったので、合奏してみました。
先日の重奏から3重奏にバージョンアップ?です。

バイオリンなんか無理にやらせる必要ないのですが、
なんでこんなに熱くなってるのでしょうか?

2007年7月 1日 (日)

ユーモレスク

ユーモレスク

 ユーモレスクならぬギャグレスクですが、気楽に引いてみました。
子供は結構好きみたいですが、かなり嫁さんの不評を
買ってます。有名な曲はまずいですね。タイスなんて
座布団が飛んできますよ。

 今日は子供のドッヂボール大会やシマゲンゴロウ
(小型のゲンゴロウ)とり、ピアノのレッスン、宿題などで
子供のバイオリンは無しです。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »