« ヘンデル ソナタ 3-4 (再) | トップページ | モーツァルト 協奏曲5-1 »

2007年6月15日 (金)

子供とピアノ

 しずくさんへのレスなのですが、長文なので記事にします。

>私は愚息に登校前にピアノを本人任せに1回弾かせて(5分)いるのですが、
>もう2週間同じところを間違えては「止めた!」と途中で弾き終えています。

 うちも、朝と夕に少しづつ練習させています。男2人ですが、
上の小3は新曲になるとすぐに難しいといって弾こうとしません。
その時は、片手を私が弾いてやるとなんとか弾けます。難しい
個所はひたすらゆっくり手をたたいて繰り返すのみです。
(私はピアノは素人です)

 男の子は、ピアノなど嫌いにきまってますから、どうやって
続けるかは悩ましいところです。 今までは、バイエルを何番まで
できたらラジコンを買ってやるというのが効果的でしたが、
今では全然だめです。結局練習しなければぶっ飛ばすぞ(本当に)
ぐらいのプレッシャーを掛けてやらせています。
 宿題やらせるのと一緒ですね。

 最初、某大手教室に通っていたのですが、今年から個人教室に
変えました。
 去年の10月頃、ネットで個人教室の情報を集め始めました。当然
バイオリン教室の情報も目に付きます。バイオリンもやらせたいなと
思いましたが両方は無理。 学校の弦楽の授業ぐらいの気楽さなら
できるかなと思い、1/2の楽器を1台買ってきたのが始まりです。

 最初、子供に順番に弾かせながら、私も1/2で練習しました。自分が再開
する気持ちはあまりなかったのですが、嫁さんが「お父ちゃんの
バイオリンも弾けるようにしたら」としつこく言うので、弓を毛替えに
出したのが再開のきっかけです。 私の楽器には20数年前の弦が
今でも2本ついてます。

 子供というのは恐ろしいもので、バイオリンでふざけていろいろな
ことを試しています。自転車に乗るように知らず知らずのうちに
馴れてしまうのですね。


 ピアノもバイオリンも小学校までやったらあとは本人任せにする
つもりです。

 バイエルについては最近使ってない教室が多いことを知りました。
今の教室はバイエルがメインなので、先生にお願いして「やさしい
インベンション」を副教材で使っています。

 息子さんと一緒に楽しくピアノで遊べるといいですね。

« ヘンデル ソナタ 3-4 (再) | トップページ | モーツァルト 協奏曲5-1 »

コメント

しずくさんの気持ちはよくわかります。
子どもの性格によって物事への取り組みは様々だと思いますが、母親はつい感情的になるので、私は、それだけは避けたいといつも思っています。
親も根気が必要だと・・・。
(と言いつつ、いつもプチっときてますが(^^; )

うちの子はピアノを習いたいと1年間言い続けました。だから、あ〜これだけ言うのだから本物かしらと思って習わせたら、3か月経ってもうやめたいと言いはじめ、それでも1年半通わせました。
習って弾けるようになった曲はしつこく家で弾くのですが、新しい曲には手を付けませんでした。
そのうちピアノにもさわらないし、レッスンに行っても最初の15分はただ遊んでいるだけでした。
先生より、こっちのほうが「ブチ切れ」そうでした。

でも、今になって自ら先生を探してレッスンを始めています。そして小さい時やめると言った自分の言葉はさておき、どうして自分の言うなりにやめさせたのかと私を責めました。
一理あります。子どもの判断にまかすというのは失敗だったようです。私は苦になる習い事は反対の立場だったから、その時はやめさせたのですが、なにごとも続けるということは必要かと・・・。
本人、音楽は好きなのです。だけどただ単に努力嫌いということでした。
小さいお子さんならなおさら集中力は持ちません。でもこれは日々の訓練だと思います。
ただ、怒らずに、気長にしっかり付き合ってあげることが大事だと思います。
失敗した私がいうのも変ですが、すみませんm(_ _)m

うちの甥っ子はエレクトーンを習っています。とっても下手ですが、何故かやめないので理由を尋ねたら、先生が好きということでした(笑)

すみません、つい横からコメントを入れてしまいました。

それからdebopさん、遅くなりましたが、お笑いコンビ見ました。教えてくださってありがとうございます。楽しかったです。

Machakoさん、こんにちは。

長文のコメントありがとうございます。
ここは、見ている方が少ないので、この文は
ぜひMachakoさんちに載せていただきたいです。
もったいないです。

みんなで広げよう、お笑いの輪!ですね。

私も小さい頃ピアノを習っていたのですが、始めたきっかけというのが「お姉ちゃんがやってるから私もやりたい」と言うものでした(笑)

始めは楽しかったのですが、だんだん飽きてきて、ピアノのレッスンに行くフリをして公園で遊んだりしてサボり放題でした(笑)

親は別に練習しなくてもサボっても怒りませんでしたね。
先生も怒る人ではありませんでした。
それでも毎年発表会に出て、6年ぐらいはやってました。

そのお陰か、楽譜は読めるし、音楽を嫌いになる事はなかったですね。
中学の時にブラスバンド部に入ったりして、楽器や音楽に触れる事は大好きでした。
この頃、実はヴァイオリンを習ったのですが、あまりの難しさに一年で挫折したわけなのですが、この時も親は何も言いませんでしたね。
(その時買ってもらったヴァイオリンを今弾いています)

やりたい事はやればいい、やりたくなければ辞めれば良いって感じで。

子供にやらせたい気持ちは解りますが、本人がやりたくないと思っているのにやらせるのは、私は可哀想だと思います。
楽器や音楽を嫌いになってしまうようにだけはなって欲しく無いと思います。

出過ぎた事言ってすみませんでしたが、経験者としてこんな意見もあるという事で読んでください。

おにぎりさん、こんばんは。

 無理強いすれば嫌いになってしまいますが、あの時やっておけばと思うかもしれません。 むずかしいです。

 みんな悩んで大きくなったー!って古いですね...(おにぎりさんは知らないですよねコレ)

 いい機会ですので、これから子供との関わりに
ついてどんどん書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘンデル ソナタ 3-4 (再) | トップページ | モーツァルト 協奏曲5-1 »