« ヘンデル ソナタ3-3(再)  | トップページ | 子供とピアノ »

2007年6月15日 (金)

ヘンデル ソナタ 3-4 (再)

ヘンデル ソナタ 3-4 (鈴木6巻) 完成度:×

 昼に録音をして、帰り道聞きながら歩きます。本来歩調と
うまく合うはずの曲なのですが、冗談抜きで聞きながらだとまともに
歩けません。 いかにいい加減なリズムかがわかります。
 リズムが悪いと言うことはすなわちボーイングのレベルアップ
が第一課題です。

« ヘンデル ソナタ3-3(再)  | トップページ | 子供とピアノ »

コメント

おはようございます
ヘンデル、相変わらず上手ですね
いろんな曲をこのペースで録音してるということは、このヘンデルも数回の練習で録音してるということでしょうか。
スラーとスタッカートが上手に区別されてるし、強弱もついてますね、さすが!!
装飾音符みたいなのも決まってますね♪

私はスラーとスタッカートが混じった曲が苦手です。今弾いてる音符の1~2つくらい先までしか見えていないのだと思います。ですので、ボウイングマークを事前に見て頭に入れてそれに合わせることがなかなかできず、どうしても体が勝手にボウイングをしてしまい、指定どおりのボウイングがなかなかできません。
弾いてるところより、何小節か先を読みながら弾けるようにならないとだめでしょうかねぇ…

こんにちは。

 昔やった曲ばかりなので、とりあえずさらえるのですが、やはり課題は基礎力ですね。

 ボウイングは私も一緒です。ワンテンポ前から
気持ちの準備が必要ですから、記号をみて「あっ」と
思ったときは遅いですよね。^^

 一人で弾くぶんには、あまり深刻に考えないのですが、オケでは大問題ですよね。分量も半端じゃないし。
 オケに入りたいです。

debopさん こんにちは
debopさんでもボーイングはそれなりに難しいんですか、ほっとしました

ところで、オケのことですが、いよいよ気力充実、入っちゃいそうな勢いですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘンデル ソナタ3-3(再)  | トップページ | 子供とピアノ »