« バッハ 協奏曲 1-3 | トップページ | ラ・フォリア »

2007年6月10日 (日)

バイエル55番

バイエル55番

曲番号は原典と多少ずれています。
子供の練習に便乗してピアノと合わせる練習です。
指番号が振ってない(というかピアノ用の指番号がじゃま)
のでポジション選択の練習にもなります。

個人的にはピアノとバイオリンは水と油だと思うのですが。
現在どこへ音程を合わせて良いか全然わかりません。


« バッハ 協奏曲 1-3 | トップページ | ラ・フォリア »

コメント

うっききき!
可愛い合奏ご馳走さまでした♪
はとぽっぽの鳴き声付きでしたね~(^^)
鳴ったの1回だけだから・・2時30分でどうでしょ、当たってます?(^^ゞ

厳密にはピアノとは合うはずがないのでしょうけれど・・私にはそこまでよくわかりません・・・
例えばG線開放弦から音階を始めて・・・
戻った時にずれているのが悲しいというレベルれす、私のばやい・・(泣)

こんばんは。

すみません。子供が10時から友達と遊ぶというので、その前にピアノの練習をやっておけということで、朝8:30のぽっぽくんでした。^^
またのチャレンジ待ってますね!

平均律については、かなりマニアックな事柄ですが、バイオリンをやること自体十分マニアックですから避けては通れないですよね。
結局はいかに自然な音程を出すかに尽きると思うのですが。(偉そうに言える録音じゃないです)

弦の共鳴が聞ければ、音程が狂うことはないですよね。でもハイポジでは難しいので頭の中で音の高さを保持するしかないですね。数年でなんちゃって絶対音感がついてくると思うのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バッハ 協奏曲 1-3 | トップページ | ラ・フォリア »