« ドッペル練習 | トップページ | 瓢箪から駒、耳から.. »

2007年4月17日 (火)

監督挨拶

ちわ!
ICレコーダのSX背番号77だぜ。
監督って呼んでくれ。
俺の自慢は高性能の耳さ。
どんな些細な音でも拾いまくるぜ。
張り切って箱から出てきたんだけど、
初仕事でいきなりビビったぜ。
ありゃ何の音だ?目から火花が
飛び散ったぜ。そうか、バイオリンって
いうのか。すごい兵器だな。
え、楽器なの? 信じられねーな。
俺はこれからずっとそのバイオリンって
やつの録音用に使われるらしいんだ。
すげー所に来ちゃったってマジで後悔
してるぜ。
でも、SONYは箱に「バイオリン練習での使用厳禁」
って大きく書くべきだな。
電子機器虐待だぜ、まったく。
仕方がないから、俺が録音の
音程を直しておいてやるかな。
上手くなったって、ご主人喜ぶぜ。
え?人前で弾くときバレるって?
誰も本当のことなんて言わないから
ノープロブレムさ!


« ドッペル練習 | トップページ | 瓢箪から駒、耳から.. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドッペル練習 | トップページ | 瓢箪から駒、耳から.. »